FC2ブログ

Latest Entries

3474号目次

11月28日発売の図書新聞(2020年12月5日、3474号)の目次をお届けいたします。

特集 幻想と怪奇が〈世界/文学〉を拓く
◆今週の一面◆
世界標準の幻想文学研究へ――アカデミズム、英文学、愛好家の枠を超えて
鼎談 岡和田晃×下楠昌哉×東雅夫
東雅夫・下楠昌哉編『幻想と怪奇の英文学Ⅳ――変幻自在編』(春風社)をめぐって

◆主な書評・レビュー◆
三島由紀夫著、東雅夫編『幻想小説とは何か』平凡社ライブラリー(高原英理)
牧原勝志企画・編集『幻想と怪奇 3』新紀元社(渡邊利道)
クラーク・アシュトン・スミス『魔術師の帝国』アトリエサード(中野善夫)
M・R・ジェイムズ『消えた心臓/マグヌス伯爵』光文社古典新訳文庫(中島晶也)
芦津かおり『股倉からみる『ハムレット』』京都大学学術出版会(冬木ひろみ)
蓜島庸二編著『町まちの文字 完全版』グラフィック社(志賀信夫)
都甲幸治『世界文学の21世紀』Pヴァイン(森山恵)
志々田文明他編著『日本武道の武術性とは何か』青弓社(田邊元)
霜鳥慶邦『百年の記憶と未来への松明』松柏社(河内恵子)
[没後50年記念 対談再録]三島由紀夫×古林尚②
同人誌時評(越田秀男)
クラウス・コルドン『ベルリン 1945 上・下』岩波少年文庫(米田綱路)
こどもの本棚【『内なる町から来た話』河出書房新社、『まほうの木』東洋書店新社、『はなちゃんとぴかりん ピカピカだいさくせん!』婦人之友社、『ことばたんてい かくされたおたから』新日本出版社、『世界を変えるための50の小さな革命』太郎次郎社エディタス、『クリスマスの小屋』福音館書店】
ポケットブック

◆その他の特集◆
活動写真弁士たちがいた!!――新しい技術に翻弄される「暗がりの芸術家」、活動写真弁士たちの姿を活写
片岡一郎氏インタビュー
片岡一郎著『活動写真弁史』(共和国)をめぐって

◆連載◆
娯楽トンボの眼(小嵐九八郎)
読書絵日記(秋竜山)
はたらくとは何か(凪一木)
スポンサーサイト



3473号目次

11月21日発売の図書新聞(2020年11月28日、3473号)の目次をお届けいたします。

◆今週の一面◆
被災者の「生きられた経験」を明らかに――背後にある「被ばくした福島が言わせる言葉」を浮き彫りにするには?
対談 吉原直樹×成田龍一
東日本大震災「生活記録」シリーズ全三巻(六花出版)をめぐって

◆その他の特集◆
「沿線三部作」(クロスカルチャー出版)をめぐって
永江雅和氏インタビュー

◆主な書評・レビュー◆
温又柔『魯肉飯(ロバプン)のさえずり』中央公論新社(渡邊英理)
フィリップ・ブォナローティ『平等をめざす、バブーフの陰謀』法政大学出版局(竹中幸史/石塚正英)
ゲルハルト・レオ『なぜ彼女は革命家になったのか』法政大学出版局(村田京子)
ミシェル・ドゥロン『アンシャン・レジームの放蕩とメランコリー』水声社(佐野泰雄)
内海健『金閣を焼かなければならぬ』河出書房新社(柳瀬善治)
井上理惠『清水邦夫の華麗なる劇世界』社会評論社(梅山いつき)
谷川建司編『映画産業史の転換点』森話社(宮本明子)
鈴木哲也『学術書を読む』京都大学学術出版会(三浦衛)
加藤英彦『歌集 プレシピス』ながらみ書房(久保隆)
田辺明生他編『環太平洋地域の移動と人種』京都大学学術出版会(飯島真里子)
MISHIMA2020 『班女』・『(死なない)憂国』(田村景子)
[没後50年記念 対談再録]三島由紀夫×古林尚

◆連載◆
カルチャー・オンザ・ウェッジ(伊達政保)
本が好き!
読書絵日記(秋竜山)
はたらくとは何か(凪一木)

3472号目次

11月14日発売の図書新聞(2020年11月21日、3472号)の目次をお届けいたします。

全集・シリーズ特集
◆今週の一面◆
科学者探偵、倒叙の源流――社会の縮図、風俗小説としても読める探偵小説の魅力
対談 藤原義也×法月綸太郎
R・オースティン・フリーマン『ソーンダイク博士短篇全集Ⅰ 歌う骨』(国書刊行会)をめぐって

・岩淵宏子・長谷川啓監修『[新編]日本女性文学全集 全12巻』六花出版(矢澤美佐紀)

・版元エッセイ (「新しいマヤの文学」(全3巻)国書刊行会、「郷土史大系」(全10巻)朝倉書店、『ヘンリー・ソロー全日記』(全12巻予定)而立書房、『浅野貞夫日本植物生態図鑑』全国農村教育協会、『帝国日本雑誌新聞総カタログ――紙メディアの昭和戦前期 1932年版』金沢文圃閣、『韓国昔話集成』(全8巻)悠書館)
 
◆主な書評・レビュー◆
久保寺逸彦『久保寺逸彦著作集 全四巻』草風館(石井正己)
四方田犬彦『愚行の賦』講談社(野崎歓)
頭木弘樹『食べることと出すこと』医学書院(大和志保)
丹羽美之『日本のテレビ・ドキュメンタリー』東京大学出版会(水島久光)
河内将芳『室町時代の祗園祭』法藏館(佐藤弘隆)
ピエール・カスー=ノゲ『ゲーデルの悪霊たち』みすず書房(金子洋之)
佐久間香子『ボルネオ 森と人の関係誌』春風社(津上誠)
澤正宏解題『近現代日本語辞典選集』クロスカルチャー出版(三輪智博)
アーノルド・ゼイブル『カフェ・シェヘラザード』共和国(永田千奈)
ケン・リュウ他『中国・SF・革命』河出書房新社(海老原豊)
日高昭二『利根川』翰林書房(中山弘明)
岩下朋世『キャラがリアルになるとき』青土社(世叛)
勝井三雄『曜変天目あるいは心』白水社(増田幸弘)
クレイグ・リーソン監督『プラスチックの海』(名取弘文)

◆連載◆
読書絵日記(秋竜山)
ふらんす時評(福島亮)
はたらくとは何か(凪一木)

3471号目次

11月7日発売の図書新聞(2020年11月14日、3471号)の目次をお届けいたします。

◆今週の一面◆
ラン・ツヴァイゲンバーグ著『ヒロシマ――グローバルな記憶文化の形成』(名古屋大学出版会)を読む
被爆者の運動と証言、そしてもう一つの「物語」――ヒロシマの普遍主義と国家に闘いを挑む被爆者の姿
直野章子

◆主な書評・レビュー◆
宮本ゆき『なぜ原爆が悪ではないのか』岩波書店(佐藤史郎)
ダニエル・エルズバーグ『世界滅亡マシン』岩波書店(広田秀樹)
川名晋史『基地の消長 1968‐1973』勁草書房(秋山道宏)
仲里効『遊撃とボーダー』未來社(小松寛)
服部龍二『外交を記録し、公開する』東京大学出版会(熊本史雄)
吉葉恭行他編『帝国大学における研究者の知的基盤』こぶし書房(井上美香子)
標葉隆馬『責任ある科学技術ガバナンス概論』ナカニシヤ出版(見上公一)
野澤淳史『胎児性水俣病患者たちはどう生きていくか』世織書房(田㞍雅美)
戸谷洋志・百木漠『漂泊のアーレント 戦場のヨナス』慶應義塾大学出版会(田中智輝)
三浦隆宏『活動の奇跡』法政大学出版局(小山花子)
日本アーレント研究会編『アーレント読本』法政大学出版局(伊藤洋典)
『賀川豊彦』(龍溪書舎)刊行に寄せて(松野尾裕)
乗代雄介『ミック・エイヴォリーのアンダーパンツ』国書刊行会(樺山三英)
小野寺玲子他『メディアとファッション』ありな書房(田中裕介)
千葉俊二『谷崎潤一郎 性慾と文学』集英社新書(森岡卓司)
崎山多美『月や、あらん』インパクト出版会(渕上千香子)
名木橋忠大『立原道造 受容と継承』七月社(野坂昭雄)
高田雅彦『『七人の侍』ロケ地の謎を探る』アルファベータブックス(山井悟)
キム・ホンビ『女の答えはピッチにある』白水社(きくちゆみこ)
〈世界内戦〉下の文芸時評(岡和田晃)

◆その他の特集◆
トークイベント採録 宮田徹也×ペドロ・エルバー
宮田徹也著『芸術を愛し、求める人々へ』(論創社)をめぐって

◆連載◆
詩クロニクル(添田馨)
読書絵日記(秋竜山)
はたらくとは何か(凪一木)
科学時評(粥川準二)

3470号目次

10月31日発売の図書新聞(2020年11月7日、3470号)の目次をお届けいたします。

◆今週の一面◆
骨太な批判精神――おかしいことにはおかしいと言う、この当たり前なことがなぜできないのか
対談 千葉眞×前田幸男
リチャード・フォーク著『パワー・シフト――新しい世界秩序に向かって』(岩波書店)をめぐって

◆主な書評・レビュー◆
マーガレット・アトウッド『誓願』早川書房(柚木麻子)
マーガレット・アトウッド『獄中シェイクスピア劇団』集英社(眞鍋惠子)
ネル・ノディングズ『人生の意味を問う教室』春風社(林泰成)
ヤシーン・ハージュ・サーレハ『シリア獄中獄外』みすず書房(木戸皓平)
マッティ・ハユリュ『人間〈改良〉の倫理学』ナカニシヤ出版(鶴田尚美)
都甲幸治『引き裂かれた世界の文学案内』大修館書店(阿部公彦)
荻原魚雷『中年の本棚』紀伊國屋書店(東條慎生)
庵原高子『商人五吉 池を見る』田畑書店(伊藤氏貴)
方方『武漢日記』河出書房新社(成田昭男)
李光洙『無情』平凡社ライブラリー(白川春子)
小林康夫『日常非常、迷宮の時代 1970‐1995』未來社(篠原資明)
服部聡『松岡洋右と日米開戦』吉川弘文館(藤田賀久)
青沼裕之『ベルリン・オリンピック反対運動』青弓社(波多腰克晃)
後藤武『鉄筋コンクリート建築の考古学』東京大学出版会(松畑強)
水野博子『戦後オーストリアにおける犠牲者ナショナリズム』ミネルヴァ書房(梶原克彦)
河津聖恵『「毒虫」詩論序説』ふらんす堂(宗近真一郎)
石川美南『歌集 砂の降る教室』書肆侃侃房(榊原紘)
ミン・ジン・リー『パチンコ 上・下』文藝春秋(林浩治)
佐藤義雄『文学の認知空間』蒼丘書林(田口律男)
小池聖一『アーカイブズと歴史学』刀水書房(黒川類)
藤野裕子『民衆暴力』中公新書(栗原康)
飯田一史『いま、子どもの本が売れる理由』筑摩選書(野上暁)

◆連載◆
カルチャー・オンザ・ウェッジ(伊達政保)
裏百年まち(杉本真維子)
読書絵日記(秋竜山)
はたらくとは何か(凪一木)
映画はパラダイス(殿島三紀)

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

図書新聞


図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

Extra

プロフィール

図書新聞

Author:図書新聞

図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる