FC2ブログ

Entries

3380号目次

12月15日発売の図書新聞(2018年12月22日、3380号)の目次をお届け致します。

【年末回顧号】
◆今週の一面◆
中東は何処なのか、歴史と論理を読み解く
臼杵陽氏インタビュー
『「中東」の世界史』(作品社)をめぐって

◆下半期読書アンケート◆
鈴木一誌、大野光明、金子勝、塚原史、東畑開人、松本卓也、石原俊、上田岳弘、荒川洋治、四方田犬彦、飯城勇三、中村隆之、安田敏朗、小倉英敬、柏木博、古賀徹、松永美穂、笠井潔、三浦哲哉、大澤聡、郷原宏、高橋敏夫、阿木津英、川本隆史、鶴見太郎、布野修司、新城郁夫、澤田直、小池昌代、小倉孝誠、井川博年、加藤一夫、佐藤泉、崎山政毅、細見和之、巽孝之、中金聡、川崎浹、竹中佳彦、川村邦光、野上暁、中村邦生、坂野徹、天笠啓祐、瀬名秀明、大野秀樹、岡和田晃、森元斎、山本圭、長谷正人、金平茂紀、海妻径子、天野知香、石原千秋、吉川浩満、藤原辰史

◆海外文学・文化回顧2018◆
長岡真吾、原田範行、松下隆志、眞鍋正紀、伊東貴之、渡辺直紀、鈴木和彦、松本健二、橋本勝雄、川村湊

◆主な書評・レビュー◆
ギャリー・ジェノスコ『フェリックス・ガタリ』法政大学出版局(村澤真保呂)
市田良彦『ルイ・アルチュセール』岩波新書(廣瀬純)
追悼 入沢康夫(野村喜和夫)
2018年本紙主要記事索引

◆連載◆
思考の隅景(稲賀繁美)
読書絵日記(秋竜山)
シネマの吐息(睡蓮みどり)
スポンサーサイト

3379号目次

12月8日発売の図書新聞(2018年12月15日、3379号)の目次をお届けいたします。

◆今週の一面◆
新世紀ドゥルーズ論――絶望とともに生きて死ぬドゥルーズの哲学
対談 小倉拓也×福尾匠
小倉拓也著『カオスに抗する闘い』(人文書院)、福尾匠著『眼がスクリーンになるとき』(フィルムアート社)をめぐって

◆主な書評・レビュー◆
ナオミ・クライン『NOでは足りない』岩波書店(三牧聖子)
小倉拓也『カオスに抗する闘い』人文書院(松本卓也)
安田敏朗『大槻文彦『言海』』慶應義塾大学出版会(長沼美香子)
酒井信『吉田修一論』左右社(三輪太郎)
劉文兵『映画がつなぐ中国と日本』東方書店(佐藤賢)
中澤秀雄・嶋崎尚子編著『炭鉱と「日本の奇跡」』青弓社(小林昭裕)
宮崎洋子『「テロとの闘い」と日本』名古屋大学出版会(信田智人)
日本大学法学部新聞学研究所監修『ローカルテレビの60年』森話社(磯野正典)
姉歯曉『農家女性の戦後史』こぶし書房(大石和男)
金馬国晴・安井一郎編集・解題『戦後初期コア・カリキュラム研究資料集』クロスカルチャー出版(三輪智博)
原田広美『漱石の〈夢とトラウマ〉』新曜社(松岡努)
山本聡美『闇の日本美術』ちくま新書(渡浩一)
アナイス・ニン研究会編『アナイス・ニン』彩流社(山口路子)
カラサキ・アユミ『古本乙女の日々是口実』皓星社(山井悟)
渡辺公三『批判的人類学のために』言叢社(奥野克巳)
須藤洋平『赤い内壁』海棠社(早助よう子)
荒井良二『山のヨーナ』kanabou(寺村摩耶子)
〈世界内戦〉下の文芸時評(岡和田晃)

◆連載◆
詩クロニクル(添田馨)
読書絵日記(秋竜山)
思考の隅景(稲賀繁美)
感傷図書館(中村隆之)

3378号目次

12月1日発売の図書新聞(2018年12月8日、3378号)の目次をお届けいたします。

特集 哲学なき時代に哲学する本
◆今週の一面◆
・グレゴワール・シャマユー著『ドローンの哲学』(明石書店)を読む
 民主主義の鬼子としてのドローン
 橋本一径

・田中久文『象徴天皇を哲学する』青土社(後藤致人)
・宮坂純一『なぜ企業に倫理を問えるのか』萌書房(田中朋弘)
・スコット・ジェイムズ『進化倫理学入門』名古屋大学出版会(柏葉武秀)
・ディーター・ビルンバッハー『生命倫理学』法政大学出版局(小椋宗一郎)
・ダニエル・C・デネット『心の進化を解明する』青土社(石川幹人)
・カトリーヌ・マラブー『明日の前に』人文書院(岩野卓司)
・中村昇『落語―哲学』亜紀書房(野村亮太)
・エリザベト・ルディネスコ『ジークムント・フロイト伝』講談社(佐藤朋子)
・福嶋揚『カール・バルト 未来学としての神学』日本キリスト教団出版局(稲山聖修)
・小田切建太郎『中動態・地平・竈』法政大学出版局(景山洋平)

◆その他の特集◆
『周縁から生まれる』(彩流社)をめぐって
「文学が越境する」ために
越川芳明氏インタビュー


◆主な書評・レビュー◆
青木亮人『近代俳句の諸相』創風社出版(柴田奈美)
田中庸介『モン・サン・ミシェルに行きたいな』思潮社(中尾太一)
大城立裕『あなた』新潮社(村上陽子)
青柳いづみこ『高橋悠治という怪物』河出書房新社(中山弘明)
正津勉『ザ・ワンダラー』アーツアンドクラフツ(久保隆)
鈴木義昭『乙女たちが愛した抒情画家 蕗谷虹児』新評論(中村圭子)
ステファヌ・マラルメ『詩集』月曜社(岡山茂)
岡田弥生『シニアのための口腔ケア』梨の木舎(大野秀樹)
港千尋『風景論』中央公論新社(石倉敏明)


◆連載◆
読書絵日記(秋竜山)
シネマの吐息(睡蓮みどり)
〈ディストピア=現実〉論(藤田直哉)

3377号目次

11月24日発売の図書新聞(2018年12月1日、3377号)の目次をお届けいたします。

特集 折口信夫の「恋」を知る一冊
◆今週の一面◆
持田叙子著『折口信夫 秘恋の道』(慶應義塾大学出版会)をめぐって
対談 持田叙子×中沢新一
折口信夫こそ野生だ!――表層的な恋愛関係の奥にある魂の交流

書評 持田叙子著『折口信夫 秘恋の道』を読む(小川直之)


◆主な書評・レビュー◆
根本雅也『ヒロシマ・パラドクス』勉誠出版(直野章子)
岡﨑乾二郎他『白井晟一の原爆堂』晶文社(岡村幸宣)
逆井聡人『〈焼跡〉の戦後空間論』青弓社(若松伸哉)
平出隆『私のティーアガルテン行』紀伊國屋書店(守中高明)
武馬久仁裕『俳句の不思議、楽しさ、面白さ』黎明書房(大井恒行)
荘中孝之他編『カズオ・イシグロの視線』作品社、田尻芳樹他編『カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』水声社(佐藤元状)
室野井洋子『ダンサーは消える』発行:ザリガニヤ/発売:新宿書房(呉宮百合香)
江田孝臣『エミリ・ディキンスンを理詰めで読む』春風社(小泉由美子)
J・C・マクノートン『もう一つの太平洋戦争』彩流社(佃陽子)
岡部隆志『アジア「歌垣」論』三弥井書店(草山洋平)
イム・チョル『別れの谷』三一書房(熊木勉)
紅林進『社会主義って何だ、疑問と討論』ロゴス(村岡到)
「筒井康隆展」をめぐって(藤田直哉)
ゴーリキー生誕150年を記念して(ブルナ・ルカーシュ)
正木ゆう子『猫のためいき鵜の寝言 十七音の内と外』春秋社(皆川燈)
ポケットブック
こどもの本棚【『風と行く者』偕成社、『ぼくがスカートをはく日』学研プラス、『とりがいるよ』KADOKAWA、『新版 101漢字カルタ』太郎次郎社エディタス、『おならひめ』新日本出版社、『はりねずみくんのクリスマス・イブ』女子パウロ会】
カレル・ポラーチェク『魔女のむすこたち』岩波書店


◆連載◆
娯楽トンボの眼(小嵐九八郎)
同人誌時評(越田秀男)
本が好き!
読書絵日記(秋竜山)
映画はパラダイス(殿島三紀)
刺青の栞(平井倫行)

3376号目次

11月17日発売の図書新聞(2018年11月24日、3376号)の目次をお届け致します。

全集・シリーズ特集
◆今週の一面◆
『笠原和夫傑作選』(国書刊行会)をめぐって
映画が時代をつくる――シーンの強さ、見事さで見せきる笠原和夫の「かまし」と台詞
対談 高田宏治×伊藤彰彦

・サミュエル・ベケット『新訳ベケット戯曲全集』(白水社)刊行によせて
 (岡室美奈子)

・『津島佑子コレクション』(人文書院)をめぐって
 (中沢けい・石原燃・赤瀬智彦)

・版元エッセイ (『江戸怪談文芸名作選(全5巻)』国書刊行会、『武蔵野美術大学コレクション 博物図譜』朝倉書店、
 『戦時下雑誌アンケート索引(全3巻+別巻)』金沢文圃閣、『BL古典セレクション① 竹取物語 伊勢物語』左右社、
 『全農協 観察と発見シリーズ カメムシ博士入門』全国農村教育協会、『松本圭二セレクション(全9巻)』航思社)


◆主な書評・レビュー◆
石川美南『架空線』本阿弥書店(東直子)
竹村はるみ『グロリアーナの祝祭』研究社(小町谷尚子)
柴田幹夫編『台湾の日本仏教』勉誠出版(高井ヘラー由紀)
近藤孝弘『政治教育の模索』名古屋大学出版会(水野博子)
大平章『ノルベルト・エリアスの全体像』成文堂(内海博文)
越智敏夫『政治にとって文化とは何か』ミネルヴァ書房(松元雅和)
内藤辰美『社会学批判と現代』春風社(大畑裕嗣)
藤田直哉『娯楽としての炎上』南雲堂(円堂都司昭)
ジョイデブ&モエナ・チットロコル『つなみ』三輪舎(寺村摩耶子)
ポール・オースター『インヴィジブル』新潮社(本間芙由子)
〈世界内戦〉下の文芸時評(岡和田晃)


◆連載◆
読書絵日記(秋竜山)、シネマの吐息(睡蓮みどり)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

図書新聞


図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

Extra

プロフィール

図書新聞

Author:図書新聞

図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる