FC2ブログ

Entries

3465号目次

9月19日発売の図書新聞(2020年9月26日、3465号)の目次をお届けいたします。

特集 現代の小説・詩を多角的に捉える
◆今週の一面◆
多和田葉子著『星に仄めかされて』(講談社)を読む
生きること、語ること、交換すること――不可能性を越えて、存在しない祖国へと読者を誘う
仙田学

倉数茂著『あがない』(河出書房新社)をめぐって
倉数茂氏インタビュー

◆主な書評・レビュー◆
山田稔『山田稔自選集 Ⅰ~Ⅲ』編集工房ノア(荒川洋治)
宗近真一郎『詩は戦っている。誰もそれを知らない。』書肆山田(瀬尾育生)
福間健二『休息のとり方』而立書房(中尾太一)
『赤光 復刻版 全3巻』(不二出版)に寄せて(鈴木迪夫・船橋治)
ティエン・ユアン作『ねことおばあさん』みらいパブリッシング(山田兼士)
クラウス・コルドン『ベルリン 1933 上・下』岩波少年文庫(新庄孝幸)
日比嘉高『プライヴァシーの誕生』新曜社(中山弘明)
中丸禎子他編著『高畑勲をよむ』三弥井書店(米村みゆき)
丸川哲史『冷戦文化論 増補改訂版』論創社(早尾貴紀)
檜枝陽一郎編訳・著『民衆本 狐ライナールトと検閲』言叢社(嶋内博愛)
こどもの本棚【『トソックオマトソート!』くもん出版、『みちのく妖怪ツアー』新日本出版社、『世界を変えるための50の小さな革命』太郎次郎社エディタス、『いつも ぎゅっと そばに』女子パウロ会、『りっぱなマジシャンへの道』あすなろ書房、『ぼくは むくどりのヘンリー』ぷねうま舎】
ポケットブック

◆連載◆
カルチャー・オンザ・ウェッジ(伊達政保)
本が好き!
読書絵日記(秋竜山)
はたらくとは何か(凪一木)

次週は休刊します。次回は10月10日号(10月3日発売)です。
スポンサーサイト



3464号目次

9月12日発売の図書新聞(2020年9月19日、3464号)の目次をお届けいたします。

特集 逝く夏と政権、野分の読書
◆今週の一面◆
鈴木啓之著『蜂起〈インティファーダ〉』(東京大学出版会)を読む
史料が語る占領地パレスチナの蜂起――運動の中心地ナーブルスで発掘された指令文書
錦田愛子

◆主な書評・レビュー◆
ジェイムズ・H・コーン『誰にも言わないと言ったけれど』新教出版社(柴田佳子)
加藤泰史・小島毅編『尊厳と社会 上・下』法政大学出版局(有馬斉)
鄭靖和『長江日記』、金滋東『永遠なる臨時政府の少年』明石書店(渡辺直紀)
篠森ゆりこ『ハリエット・タブマン』法政大学出版局(栩木玲子)
長友敬一『正義は時代や社会で違うのか』ナカニシヤ出版(菅原寧格)
佐藤直樹『加害者家族バッシング』現代書館(阿部恭子)
菊地暁・佐藤守弘編『学校で地域を紡ぐ』小さ子社(石原俊)
熊本理抄『被差別部落女性の主体性形成に関する研究』解放出版社(吉村智博)
杉原たく哉『アジア図像探検』集広舎(田村容子)
エドウィージ・ダンティカ『すべて内なるものは』作品社(山本直子)
立原透耶編『時のきざはし』新紀元社(稲村文吾)
レベッカ・ウィーバー=ハイタワー『帝国の島々』法政大学出版局(中井亜佐子)
リチャード・ウォルハイム『芸術とその対象』慶應義塾大学出版会(松永伸司)
竹内勝徳『メルヴィル文学における〈演技する主体〉』小鳥遊書房(貞廣真紀)
左右社編集部編『仕事本 わたしたちの緊急事態日記』左右社(毬矢まりえ)
石川晃弘『ロシア、中欧の体制転換』ロゴス(村岡到)
日本ことわざ文化学会編『世界ことわざ比較辞典』岩波書店(北村孝一)
ジャン=クリストフ・リュファン『永遠なるカミーノ』春風社(黒川類)

◆連載◆
カルチャー・オンザ・ウェッジ(伊達政保)
娯楽トンボの眼(小嵐九八郎)
読書絵日記(秋竜山)
シネマの吐息(睡蓮みどり)
ふらんす時評(福島亮)
はたらくとは何か(凪一木)

3463号目次

9月5日発売の図書新聞(2020年9月12日、3463号)の目次をお届けいたします。

◆今週の一面◆
街の感情の記憶、東京の自画像を撮る――事実をベースにして、写真でどこまで表現できるのか
対談 初沢亜利×タカザワケンジ
初沢亜利写真集『東京、コロナ禍。』(柏書房)をめぐって

◆主な書評・レビュー◆
西田雅弘『カントの世界市民主義』晃洋書房(有吉弘樹)
松田智裕『弁証法、戦争、解読』法政大学出版局(荒金直人)
カール・ヤスパース『哲学的思惟の小さな学校』昭和堂(山下真)
一柳廣孝『怪異の表象空間』国書刊行会(廣田龍平)
西田彰一『躍動する「国体」』ミネルヴァ書房(森元拓)
熊野直樹『麻薬の世紀』東京大学出版会(古泉達矢)
林義勝『スペイン・アメリカ・キューバ・フィリピン戦争』彩流社(永野善子)
板倉孝信『ポスト財政=軍事国家としての近代英国』晃洋書房(中村武司)
金山弘昌他『花の都 フィレンツェ』ありな書房(新保淳乃)
沖田瑞穂『マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣』みずき書林(西村直子)
若林悠『風刺画とジョークが描いたヒトラーの帝国』現代書館(柳原伸洋)
平田勝『未完の時代』花伝社(植田隆)
スティーヴン・ミルハウザー『ホーム・ラン』白水社(井上毅郎)
井藤元『マンガでやさしくわかるシュタイナー教育』(増田集)日本能率協会マネジメントセンター
鶴見厚子『画文集 夢現録』プランニング アドゥ(宮田徹也)
寄稿 私たちの戦争(友常勉)
〈世界内戦〉下の文芸時評(岡和田晃)

◆その他特集◆
『インドネシア日本軍政関係日本語一次史料目録』『倉沢愛子コレクション 全二巻』(龍溪書舎)刊行によせて
寄稿 倉沢愛子氏

◆連載◆
科学時評(粥川準二)
詩クロニクル(添田馨)
読書絵日記(秋竜山)
はたらくとは何か(凪一木)

3462号目次

8月29日発売の図書新聞(2020年9月5日、3462号)の目次をお届けいたします。

◆今週の一面◆
アナルコ・ニヒリズム宣言!――いやになっちまった、腹がたっちまった、理由もなく叫びたい
寄稿 栗原康

◆主な書評・レビュー◆
神原文子『子づれシングルの社会学』晃洋書房(門間晶子)
エリカ・ダイアン・ラパポート『お買い物は楽しむため』彩流社(山口みどり)
水野祥子『エコロジーの世紀と植民地科学者』名古屋大学出版会(楠和樹)
須田珠生『校歌の誕生』人文書院(伊藤純郎)
ケイト・アトキンソン『ライフ・アフター・ライフ』東京創元社(八木寧子)
岡田温司『イタリア芸術のプリズム』平凡社(後藤護)
シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー『ペルシア人の手紙』講談社学術文庫(辻部大介)
塚本英樹『日本外交と対中国借款問題』法政大学出版局(古結諒子)
和氣健二郎他編『発生と進化』哲学堂出版(笹田博通)
嵩満也他編『日本仏教と西洋世界』法藏館(名和達宣)
生越利昭『啓蒙と勤労』昭和堂(渡辺恵一)
金馬国晴他編集・解題『戦後初期コア・カリキュラム研究資料集 附属校編』クロスカルチャー出版(桜井裕三)
神山睦美『終わりなき漱石』幻戯書房(江田浩司)
小倉孝誠編著『世界文学へのいざない』新曜社(大浦康介)
ジェイク・ザイラス『歌姫の仮面を脱いだ僕』柘植書房新社(室沢毅)
渡部直己『日本小説批評の起源』河出書房新社(四方田犬彦)
サルマン・ラシュディ『真夜中の子供たち 上・下』岩波文庫(大工原彩)
同人誌時評(越田秀男)

◆連載◆
裏百年まち(杉本真維子)
読書絵日記(秋竜山)
はたらくとは何か(凪一木)
シネマの吐息(睡蓮みどり)

3461号目次

8月22日発売の図書新聞(2020年8月29日、3461号)の目次をお届けいたします。

特集 〈日本文学〉の間口を広げる
◆今週の一面◆
鵜飼哲夫編『芥川賞候補傑作選』(春陽堂書店)を読む
若き作家たちの苦闘の軌跡――太宰治、織田作之助から農民文学、樺太文学まで
倉数茂

◆主な書評・レビュー◆
梅山いつき『佐藤信と「運動」の演劇』作品社(宮沢章夫)
四方田犬彦『夏の速度』作品社(鈴村和成)
小島正樹『愚者の決断』南雲堂(佳多山大地)
辻真先『たかが殺人じゃないか』東京創元社(飯城勇三)
たかとう匡子『耳凪ぎ目凪ぎ』思潮社(井坂洋子)
大田美和『世界の果てまでも』北冬舎(田中庸介)
杉本真維子『三日間の石』響文社(久保隆)
楠原彰『野の詩人 真壁仁』現代企画室(佐川亜紀)
日本近代文学館編『文豪たちの東京』勉誠出版(鈴木啓子)
高橋行徳『それとは違う小津安二郎』鳥影社(角尾宣信)
池田節子『源氏物語の表現と儀礼』翰林書房(山本淳子)
黒古一夫『「団塊世代」の文学』アーツアンドクラフツ(中山弘明)
池上英洋『レオナルド・ダ・ヴィンチ』ちくまプリマー新書(松浦弘明)
長谷部八朗編著『「講」研究の可能性Ⅳ』慶友社(菅根幸裕)
麻生享志『『ミス・サイゴン』の世界』小鳥遊書房(町田麻子)
竹田信弥『めんどくさい本屋』本の種出版(小国貴司)
下川正晴『占領と引揚げの肖像・BEPPU』弦書房(川上登)
『認識と反省性』(法政大学出版局)書評についての反論(磯直樹)
上野芳久『風景の触手』七月堂(皆川勤)
芦田宏直『シラバス論』晶文社(宮田徹也)
ミシェル・クオ『パトリックと本を読む』白水社(関淳子)
赤羽茂乃『絵本画家 赤羽末吉』福音館書店、コロナ・ブックス編集部編『赤羽末吉 絵本への一本道』平凡社コロナ・ブックス(梶葉子)
ポケットブック

◆連載◆
娯楽トンボの眼(小嵐九八郎)
本が好き!
カルチャー・オンザ・ウェッジ(伊達政保)
読書絵日記(秋竜山)
はたらくとは何か(凪一木)
思考の隅景(稲賀繁美)

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

図書新聞


図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

Extra

プロフィール

図書新聞

Author:図書新聞

図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる