FC2ブログ

Entries

3059号(辞書・事典特集)もくじ

◎特集 辞書・事典 絵本は命――絵本についての全領域を採り上げる 『絵本の事典』(朝倉書店)によせて(中川素子)
『現代精神医学事典』(弘文堂)によせて(加藤敏)
築島裕編集委員会代表『古語大鑑 第1巻 あ~お』(肥爪周二)
北村孝一監修『故事俗信 ことわざ大辞典 第二版』(北村孝一)
津曲裕次編集代表『滝乃川学園百二十年史』(津曲裕次)
出版社発「わが社のこの一冊」

◎主な書評・レビュー
宇野邦一『ドゥルーズ』(松本潤一郎)
M・ハンフリーズ『からのゆりかご』(名取弘文)
市田良彦『革命論』(菅孝行)
澤西祐典『フラミンゴの村』(川口晴美)
S・リチャードソン『パミラ、あるいは淑徳の報い』(佐久間良子)
J・ローチ監督『オレンジと太陽』(中村一成)
A・ファルハディ監督『別離』(田辺秋守)

◎連載
思想時評(矢部史郎+『来たるべき蜂起』翻訳委員会)
同人誌時評(志村有弘)
こどもの本棚(編集部)
書店員、オススメの一冊(花本武)
娯楽トンボの眼(小嵐九八郎)
読書絵日記(秋竜山)
スポンサーサイト

3056号目次

梅にしきりと春の雨が降る神保町よりお届けする3056号、主な目次は以下の通りです。お求めはお近くの書店、もしくは直接こちらからどうぞ。

◎巻頭インタビュー 今は、楽しい話が読みたい書きたい――何が正解かはわからないし、答えなんかないんじゃないのと思うことは増えている:伊坂幸太郎氏インタビュー『仙台ぐらし』、『PK』をめぐって

◎主な書評
石橋克彦『原発震災』(泊次郎)
川崎誠『言語哲学への新視角』(徳増多加志)
松下竜一『暗闇に耐える思想』(川上登)
中田瑞穂『農民と労働者の民主主義』(高田広行)
宮下志朗『神をも騙す』(鈴村和成)
須藤洋平詩集『あなたが最期の最期まで生きようと、むき出しで立ち向かったから』(白井明大)
Y・シュピールマン『ヴィデオ』(瀧健太郎)
P・シャモワゾー『カリブ海偽典』(久野量一)
T・W・アドルノ『哲学のアクチュアリティ』(古賀徹)
A・ブレーカー『パリとヒトラーと私』(田野大輔)
S・コール『アフガン諜報戦争 上・下』(金子民雄)
菅付雅信『はじめての編集』(永江朗)
長沢栄治『エジプト革命』(渡邊祥子)

◎その他特集など
追悼・吉本隆明(芹沢俊介)

◎連載
田口幹人「書店員、オススメの一冊」
編集部「ポケットブック」
伊達政保「カルチャー・オンザ・ウェッジ」
秋竜山「読書絵日記」
高橋祥友「ポートレート」

3055号目次

あれよあれよという間に年度末。花粉症は皆様、大丈夫ですか? 今週末発売の図書新聞(2012年3月24日号)は「シモーヌ・ヴェイユ特集」と銘打ち、冨原真弓さんと今村純子さんにそれぞれインタビューを敢行いたしました。是非お手にとってご覧くださいませ。主な目次は以下の通りです。

◎特集 シモーヌ・ヴェイユ
冨原真弓氏に聞く、『シモーヌ・ヴェイユ全集』
今村純子氏インタビュー 『現代詩手帖特集版 シモーヌ・ヴェイユ』をめぐって
参考文献紹介

◎主な書評
小林昌樹編集・解説『雑誌新聞発行部数事典――昭和戦前期 附.発禁本部数総覧』(紀田順一郎)
Z・バウマン『コラテラル・ダメージ』(向山恭一)
G・ヴァッティモ『哲学者の使命と責任』(貫成人)
小松和彦『いざなぎ流の研究』(梅野光興)
村田沙耶香『ハコブネ』(稲葉真弓)
出佳奈子他『知識のイコノグラフィア』(石鍋真澄)
池田寛子『イェイツとアイリッシュ・フォークロアの世界』(谷川冬二)
中井康行『倫敦の不愉快な漱石 東京の孤独な漱石』(栩木伸明)
I・ツァンカル『慈悲の聖母病棟』(阿部賢一)
ヴァールミーキ作『ラーマーヤナ物語』(村木哲)
日野西眞定『お大師さんと高野山〔奥の院〕』(福田亮成)
加藤周一/凡人会『ひとりでいいんです』(小川和也)
廣木隆一監督『RIVER』(阿部嘉昭)

◎その他特集など
ポートレート(伊藤敏朗)

◎連載
福田信夫「同人誌時評」
花本武「書店員、オススメの一冊」
秋竜山「読書絵日記」
別役実「東京彷徨記」

3052号目次です

急にあたたかな陽射しが降り注ぐようになった神保町より、3052号をお届けいたします。

●巻頭特集 「共有財」と「資本主義の亀裂」を創造する――交差的読解 マイケル・ハート/ジョン・ホロウェイ往復書簡(上)(翻訳・高祖岩三郎)

○主な書評・レビュー
J=C・マルタン『フェルメールとスピノザ』(塚原史)
近藤和敬『構造と生成Ⅰ』(森元斎)
鶴見太郎『ロシア・シオニズムの想像力』(畠田義信)
関口裕昭『パウル・ツェランとユダヤの傷』(三郷豊)
滝浦静雄『修羅とデクノボー』(本間謙二)
高梨豊写真集『IN’』(倉石信乃)
三輪正道『残影の記』(井川博年)
J・オクサラ『フーコーをどう読むか』(廣瀬浩司)
N・I・ペインター『白人の歴史』(竹中興慈)
高田・小黒編著『権力VS調査報道』(橋場義之)
平田直他『巨大地震・巨大津波』(黒川類)
中島政希『平成の保守主義』(山田宏明)
D・ベンサイド『21世紀マルクス主義の模索』(佐々木力)
J・チルナー監督『イエロー・ケーキ』(渋谷哲也)8面

●その他特集など
追悼 布川徹郎(鈴木義昭)

○連載
杉本真維子「裏百年まち」
稲賀繁美「思考の隅景」
秋竜山「読書絵日記」
別役実「東京彷徨記」
大澤聡「書物論の最新地図」
ベイベー関根「爆泌!!マンガ汁」
内堀弘「古書肆の眼」

3048号目次

雪が解けませんねえ。図書新聞にも体調を崩すメンバーがちらほら・・・。皆様、どうぞお体ご自愛充分にお過ごしくださいね。3048号の目次は以下の通りです。

◎清順スタイルの全面開示――人間は現実と異界の「迷宮」を往還し、生死の業火、強欲に焼かれて生きるのだ: 足立正生氏が語る、「鈴木清順監督 浪漫三部作」リヴァイヴァル上映

◎主な書評・レビュー
J・ラフリー『別名S・S・ヴァン・ダイン』(法月綸太郎)
森田伸子『子どもと哲学を』(柏倉康夫)
川島秀一『魚を狩る民俗』(森本孝)
中村興二『十六羅漢図像学事始め』(筒井武則)
鞆谷純一『日本軍接収図書』(三輪智博)
高屋肇『闇の新聞裏面史』(新庄孝幸)
安藤哲行『現代ラテンアメリカ文学併走』(柳原孝敦)
はらだたけひで『放浪の画家ニコ・ピロスマニ』(海埜今日子)
E・B・d・コンディヤック『動物論』(金森修)
中倉智徳『ガブリエル・タルド』(菊谷和宏)
溝口章『三好達治論』(皆川勤)
西澤晃彦編『周縁労働力の移動と編成』(入江公康)
J=P・ルゴフ『ポスト全体主義時代の民主主義』(粉川哲夫)

◎その他特集など
ポケットブック(編集部)
2011年演劇回顧(高橋宏幸)
「死刑映画週間」開催によせて(太田昌国)

◎連載
文芸時評(吉田文憲)
娯楽トンボの眼(小嵐九八郎)
読書絵日記(秋竜山)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

図書新聞


図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

Extra

プロフィール

図書新聞

Author:図書新聞

図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる