FC2ブログ

Entries

3358号目次

6月30日発売の図書新聞(2018年7月7日、3358号)の目次をお届けいたします。

◆今週の一面◆
レーン・ウィラースレフ著『ソウル・ハンターズ』(亜紀書房)を読む
精霊とコンピュータ――実践を通じて現代社会を真に「知る」ための記念碑的作品
上妻世海

◆その他の特集◆
『日の名残り ノーベル賞記念版』(早川書房)・『三田文學』(春季号)刊行記念トーク
「カズオ・イシグロの不思議世界」
イシグロの不思議世界――翻訳・映画から文学の始原へ
鼎談 河内恵子×佐藤元状×早川浩

◆主な書評・レビュー◆
ジャン=マリー・ゲーノ『避けられたかもしれない戦争』東洋経済新報社(鳥飼行博)
チャールズ・A・ビーアド『「戦争責任」はどこにあるのか』藤原書店(中嶋啓雄)
中村江里『戦争とトラウマ』吉川弘文館(佐藤雅浩)
エッカルト・コンツェ他『ドイツ外務省〈過去と罪〉』えにし書房(本田稔)
高橋秀寿『ホロコーストと戦後ドイツ』岩波書店(木戸衛一)
ばん澤歩『鉄道人とナチス』国書刊行会(堀雅通)
荻野富士夫『日本憲兵史』日本経済評論社(松田利彦)
権安理『公共的なるもの』作品社(石田雅樹)
渡辺恭彦『廣松渉の思想』みすず書房(忽那敬三)
松下哲也『ヘンリー・フェーズリの画法』三元社(アルヴィ宮本なほ子)
笹生心太『ボウリングの社会学』青弓社(後藤貴浩)
マイケル・オークショット『リベラルな学びの声』法政大学出版局(谷田増幸)
ハンス=ジョージ・メラー『ラディカル・ルーマン』新曜社(犬飼裕一)
三浦綾子『一日の苦労は、その日だけで十分です』小学館(竹林一志)
長濵拓麿『遠藤周作論』和泉書院(池田静香)
川瀬慈『ストリートの精霊たち』世界思想社(前林明次)
村岡到編著『マルクスの業績と限界』ロゴス(佐藤和之)
和田美奈子『時満ちて雛生るるごとくに』黎明書房(尾関夢子)
平芳幸浩他編『百年の《泉》』LIXIL出版(塚原史)
ミヒャエル・クヴァンテ『精神の現実性』リベルタス出版(座小田豊)
アンナ・ザメツカ監督『祝福』(石坂健治)

◆連載◆
読書絵日記(秋竜山)
アメリカ問題への応答(宗近真一郎)
スポンサーサイト

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

図書新聞


図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

Extra

プロフィール

図書新聞

Author:図書新聞

図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる