FC2ブログ

Entries

3453号目次

6月20日発売の図書新聞(2020年6月27日、3453号)の目次をお届けいたします。

◆今週の一面◆
コロナ危機におけるニューノーマルをめぐる闘争
寄稿 渋谷望

◆主な書評・レビュー◆
伊藤亜人『日本社会の周縁性』青灯社(川上登)
石井妙子『女帝 小池百合子』文藝春秋(増田幸弘)
吉見俊哉『五輪と戦後』河出書房新社(暮沢剛巳)
眞壁宏幹『ヴァイマル文化の芸術と教育』慶應義塾大学出版会(本村健太)
山本孝司『アメリカ進歩主義教育の源流』早稲田大学出版部(宮本健市郎)
永田佳之編『変容する世界と日本のオルタナティブ教育』世織書房(宋美蘭)
堀井一摩『国民国家と不気味なもの』新曜社(中山弘明)
エドワード・ウェイクリング『ルイス・キャロルの実像』小鳥遊書房(夏目康子)
清水穣『デジタル写真論』東京大学出版会(日高優)
久保田淳『藤原俊成』吉川弘文館(渡邉裕美子)
レオン・ゴーティエ『騎士道』中央公論新社(長谷川千春)
志村真幸『南方熊楠のロンドン』慶應義塾大学出版会(唐澤太輔)
柴田隆行『連帯するエゴイズム』こぶし書房(石塚正英)
中島妙子『クロノスの庭』編集工房ノア(村木哲)
清眞人『高橋和巳論』藤原書店(太田代志朗)
永渕朋枝『無名作家から見る日本近代文学』和泉書院(ホルカ・イリナ)
渡辺洋子『妖精の棲む島アイルランド』三弥井書店(石井正己)
永田希『積読こそが完全な読書術である』イースト・プレス(木村洋平)
ケロッピー前田他『縄文時代にタトゥーはあったのか』国書刊行会(平井倫行)
シェーン・バウアー『アメリカン・プリズン』東京創元社(水野美和)
近藤幸夫『近藤幸夫美術論集』阿部出版(宮田徹也)

◆連載◆
カルチャー・オンザ・ウェッジ(伊達政保)
読書絵日記(秋竜山)
思考の隅景(稲賀繁美)
はたらくとは何か(凪一木)
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://toshoshimbun.blog96.fc2.com/tb.php/564-3b28f86a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

図書新聞


図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

Extra

プロフィール

図書新聞

Author:図書新聞

図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる