FC2ブログ

Entries

3455号目次

7月4日発売の図書新聞(2020年7月11日、3455号)の目次をお届けいたします。

特集 ポストコロナ時代を透視する思想
◆今週の一面◆
• ネオ・リベラリズムに対抗する社会調査――「新しい福祉国家」の再建構想へ
小澤浩明
ピエール・ブルデュー編『世界の悲惨 Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』(藤原書店)を読む

• 金瑛『記憶の社会学とアルヴァックス』晃洋書房(鈴木智之)
• マーク・グラノヴェター『社会と経済』ミネルヴァ書房(高山龍太郎)
• マルク・リシール『マルク・リシール現象学入門』ナカニシヤ出版(廣瀬浩司)
• ウルリケ・ヘルマン『スミス・マルクス・ケインズ』みすず書房(沖公祐)
• ブルース・ククリック『アメリカ哲学史』勁草書房(大賀祐樹)
• 井岡詩子『ジョルジュ・バタイユにおける芸術と「幼年期」』月曜社(古永真一)
• ピエール・アド『イシスのヴェール』法政大学出版局(津崎良典)
• 渡邊裕一『ジョン・ロックの権利論』晃洋書房(小城拓理)
• 野上志学『デイヴィッド・ルイスの哲学』青土社(吉満昭宏)
• アラン・バディウ『存在と出来事』藤原書店(馬場智一)
• バーナード・レジンスター『生の肯定』法政大学出版局(梅田孝太)
• 鹿野祐嗣『ドゥルーズ『意味の論理学』の注釈と研究』岩波書店(大山載吉)
• 黒岡佳柾『ハイデガーにおける共存在の問題と展開』晃洋書房(池田喬)

◆主な書評・レビュー◆
小柳剛『パンデミック客船「ダイヤモンド・プリンセス号」からの生還』KADOKAWA(皆川勤)
井上理惠他『宝塚の21世紀』社会評論社(川崎賢子)
土屋昌明他編著『ドキュメンタリー作家 王兵』ポット出版プラス(佐藤賢)
外山健二『ポール・ボウルズ』春風社(大場健司)
ニック・ランド『暗黒の啓蒙書』講談社(西谷修)
大髙保二郎他編『ピカソと人類の美術』三元社(宮田徹也)

◆連載◆
読書絵日記(秋竜山)
はたらくとは何か(凪一木)
科学時評(粥川準二)
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://toshoshimbun.blog96.fc2.com/tb.php/566-34bbb348
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

図書新聞


図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

Extra

プロフィール

図書新聞

Author:図書新聞

図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる