FC2ブログ

Entries

3464号目次

9月12日発売の図書新聞(2020年9月19日、3464号)の目次をお届けいたします。

特集 逝く夏と政権、野分の読書
◆今週の一面◆
鈴木啓之著『蜂起〈インティファーダ〉』(東京大学出版会)を読む
史料が語る占領地パレスチナの蜂起――運動の中心地ナーブルスで発掘された指令文書
錦田愛子

◆主な書評・レビュー◆
ジェイムズ・H・コーン『誰にも言わないと言ったけれど』新教出版社(柴田佳子)
加藤泰史・小島毅編『尊厳と社会 上・下』法政大学出版局(有馬斉)
鄭靖和『長江日記』、金滋東『永遠なる臨時政府の少年』明石書店(渡辺直紀)
篠森ゆりこ『ハリエット・タブマン』法政大学出版局(栩木玲子)
長友敬一『正義は時代や社会で違うのか』ナカニシヤ出版(菅原寧格)
佐藤直樹『加害者家族バッシング』現代書館(阿部恭子)
菊地暁・佐藤守弘編『学校で地域を紡ぐ』小さ子社(石原俊)
熊本理抄『被差別部落女性の主体性形成に関する研究』解放出版社(吉村智博)
杉原たく哉『アジア図像探検』集広舎(田村容子)
エドウィージ・ダンティカ『すべて内なるものは』作品社(山本直子)
立原透耶編『時のきざはし』新紀元社(稲村文吾)
レベッカ・ウィーバー=ハイタワー『帝国の島々』法政大学出版局(中井亜佐子)
リチャード・ウォルハイム『芸術とその対象』慶應義塾大学出版会(松永伸司)
竹内勝徳『メルヴィル文学における〈演技する主体〉』小鳥遊書房(貞廣真紀)
左右社編集部編『仕事本 わたしたちの緊急事態日記』左右社(毬矢まりえ)
石川晃弘『ロシア、中欧の体制転換』ロゴス(村岡到)
日本ことわざ文化学会編『世界ことわざ比較辞典』岩波書店(北村孝一)
ジャン=クリストフ・リュファン『永遠なるカミーノ』春風社(黒川類)

◆連載◆
カルチャー・オンザ・ウェッジ(伊達政保)
娯楽トンボの眼(小嵐九八郎)
読書絵日記(秋竜山)
シネマの吐息(睡蓮みどり)
ふらんす時評(福島亮)
はたらくとは何か(凪一木)
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://toshoshimbun.blog96.fc2.com/tb.php/575-e34cd15c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

図書新聞


図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

Extra

プロフィール

図書新聞

Author:図書新聞

図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる