FC2ブログ

Entries

3471号目次

11月7日発売の図書新聞(2020年11月14日、3471号)の目次をお届けいたします。

◆今週の一面◆
ラン・ツヴァイゲンバーグ著『ヒロシマ――グローバルな記憶文化の形成』(名古屋大学出版会)を読む
被爆者の運動と証言、そしてもう一つの「物語」――ヒロシマの普遍主義と国家に闘いを挑む被爆者の姿
直野章子

◆主な書評・レビュー◆
宮本ゆき『なぜ原爆が悪ではないのか』岩波書店(佐藤史郎)
ダニエル・エルズバーグ『世界滅亡マシン』岩波書店(広田秀樹)
川名晋史『基地の消長 1968‐1973』勁草書房(秋山道宏)
仲里効『遊撃とボーダー』未來社(小松寛)
服部龍二『外交を記録し、公開する』東京大学出版会(熊本史雄)
吉葉恭行他編『帝国大学における研究者の知的基盤』こぶし書房(井上美香子)
標葉隆馬『責任ある科学技術ガバナンス概論』ナカニシヤ出版(見上公一)
野澤淳史『胎児性水俣病患者たちはどう生きていくか』世織書房(田㞍雅美)
戸谷洋志・百木漠『漂泊のアーレント 戦場のヨナス』慶應義塾大学出版会(田中智輝)
三浦隆宏『活動の奇跡』法政大学出版局(小山花子)
日本アーレント研究会編『アーレント読本』法政大学出版局(伊藤洋典)
『賀川豊彦』(龍溪書舎)刊行に寄せて(松野尾裕)
乗代雄介『ミック・エイヴォリーのアンダーパンツ』国書刊行会(樺山三英)
小野寺玲子他『メディアとファッション』ありな書房(田中裕介)
千葉俊二『谷崎潤一郎 性慾と文学』集英社新書(森岡卓司)
崎山多美『月や、あらん』インパクト出版会(渕上千香子)
名木橋忠大『立原道造 受容と継承』七月社(野坂昭雄)
高田雅彦『『七人の侍』ロケ地の謎を探る』アルファベータブックス(山井悟)
キム・ホンビ『女の答えはピッチにある』白水社(きくちゆみこ)
〈世界内戦〉下の文芸時評(岡和田晃)

◆その他の特集◆
トークイベント採録 宮田徹也×ペドロ・エルバー
宮田徹也著『芸術を愛し、求める人々へ』(論創社)をめぐって

◆連載◆
詩クロニクル(添田馨)
読書絵日記(秋竜山)
はたらくとは何か(凪一木)
科学時評(粥川準二)
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://toshoshimbun.blog96.fc2.com/tb.php/582-7e0c9805
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

図書新聞


図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

Extra

プロフィール

図書新聞

Author:図書新聞

図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる