FC2ブログ

Entries

3395号目次

4月6日発売の図書新聞(2019年4月13日、3395号)の目次をお届けいたします。

特集 新たな歴史観で見る世界
◆今週の一面◆
・変わらぬ多数派、現世で夢を実現する個人の革命
 池田浩士氏インタビュー
 『ドイツ革命』(現代書館)をめぐって

・ウーテ・フレーフェルト『歴史の中の感情』東京外国語大学出版会(石井香江)
・C・A・ベイリ『近代世界の誕生 上・下』名古屋大学出版会(岡本充弘)
・小山騰『戦争と図書館』勉誠出版(常盤智子)

◆主な書評・レビュー◆
兼本浩祐『なぜ私は一続きの私であるのか』講談社選書メチエ(佐藤愛)
石田光規『孤立不安社会』勁草書房(松宮朝)
上田誠二『「混血児」の戦後史』青弓社(下地ローレンス吉孝)
金孝淳『祖国が棄てた人びと』明石書店(木村貴)
トーマス・ベルンハルト『凍』河出書房新社(金志成)
竹内栄美子、丸山珪一編『中野重治・堀田善衞往復書簡 1953‐1979』影書房(佐藤泉)
古橋信孝『ミステリーで読む戦後史』平凡社新書(横濱雄二)
高橋誠一郎『「罪と罰」の受容と「立憲主義」の危機』成文社(中山弘明)
西村智弘『日本のアニメーションはいかにして成立したのか』森話社(須川亜紀子)
ジョージ・マッサー『宇宙の果てまで離れていても、つながっている』インターシフト(大野秀樹)
鷲見洋一『一八世紀 近代の臨界』ぷねうま舎(白石嘉治)
寄稿 辺野古を取材して(増田幸弘)
〈世界内戦〉下の文芸時評(岡和田晃)

◆連載◆
カルチャー・オンザ・ウェッジ(伊達政保)
詩クロニクル(添田馨)
読書絵日記(秋竜山)

3394号目次

3月30日発売の図書新聞(2019年4月6日、3394号)の目次をお届けいたします。

◆今週の一面◆
他力の思想を生きる――衆生がいて念仏するのではない。称名念仏が衆生という名の人民を生成させるのだ
対談 守中高明×栗原康
守中高明著『他力の哲学』(河出書房新社)をめぐって

◆その他の特集◆
第六回 古代歴史文化賞受賞記念講演採録
犬飼隆氏講演『和歌以前 儀式でうたう やまと歌』

◆主な書評・レビュー◆
佐藤賢『中国ドキュメンタリー映画論』平凡社(池上善彦)
阿子島香・溝口孝司監修『ムカシのミライ』勁草書房(松本直子)
ルドルフ・シュタイナー『秘教講義 1・2』春秋社(井藤元)
都出比呂志『古墳時代に魅せられて』大阪大学出版会(新庄孝幸)
大野英士『オカルティズム』講談社選書メチエ(大田俊寛)
ウィリアム・ギャディス『JR』国書刊行会(麻生享志)
柴田翔『改訂増補版 詩に映るゲーテの生涯』鳥影社(美留町義雄)
内野光子『齋藤史『朱天』から『うたのゆくへ』の時代』一葉社(吉川宏志)
綾目広治『惨劇のファンタジー』茜屋書店(鈴木創士)
小堀聡『京急沿線の近現代史』クロスカルチャー出版(室沢毅)
スティーヴン・R・ボウン『貿易商人王列伝』悠書館(小平慧)
ジェームズ・W・デイビッドソン『若い読者のためのアメリカ史』すばる舎(木下朋子)
ポケットブック

◆連載◆
読書絵日記(秋竜山)
シネマの吐息(睡蓮みどり)

3393号目次

3月23日発売の図書新聞(2019年3月30日、3393号)の目次をお届けいたします。

特集 未来の読書、鶴見俊輔の方法
◆今週の一面◆
・私たちの読書史の終わりと始まり――人はなぜ、なんのために本を読むのか 津野海太郎氏インタビュー
 『最後の読書』(新潮社)をめぐって

・マチガイの自覚に生まれる思想
 作家・黒川創氏に聞く『鶴見俊輔伝』(新潮社)
・フェルナンド・バエス『書物の破壊の世界史』紀伊國屋書店(米田綱路)

◆その他の特集◆
謎は謎のままで――佐藤慶紀監督『新宿タイガー』
対談 新宿タイガー×睡蓮みどり

◆主な書評・レビュー◆
ヴィクトリア・ヴァントック『ジェット・セックス』明石書店(稲本恵子)
仲尾謙二『自動車 カーシェアリングと自動運転という未来』生活書院(山本俊行)
ジェリー・Z・ミュラー『資本主義の思想史』東洋経済新報社(熊倉修一)
吉井亮雄『ジッドとその時代』九州大学出版会(堀畑正樹)
添田馨『クリティカル=ライン』思潮社(高貝弘也)
野本寛一『近代の記憶』七月社(永池健二)
武田雅哉『西遊記』慶應義塾大学出版会(田中智行)
川村湊『ハポネス移民村物語』インパクト出版会(江口佳子)
小山昌宏・須川亜紀子編著『アニメ研究入門[応用編]』現代書館(千田洋幸)
一般社団法人日本演出者協会企画『関西戦後新劇史』晩成書房(永田靖)
ロバート・ルートバーンスタイン他『天才のひらめき』早稲田大学出版部(黒川類)

◆連載◆
娯楽トンボの眼(小嵐九八郎)
本が好き!
読書絵日記(秋竜山)
映画はパラダイス(殿島三紀)
刺青の栞(平井倫行)

3392号目次

3月16日発売の図書新聞(2019年3月23日、3392号)の目次をお届け致します。

◆今週の一面◆
民主主義はポピュリズムそのもの――「包摂」と「排除」は共犯関係にある
対談 山本圭×水島治郎
エルネスト・ラクラウ著『ポピュリズムの理性』、シャンタル・ムフ著『左派ポピュリズムのために』(ともに明石書店)をめぐって

◆主な書評・レビュー◆
岡本健『アニメ聖地巡礼の観光社会学』法律文化社(周藤真也)
高野光平他編著『現代文化への社会学』北樹出版(木島由晶)
神山睦美『日本国憲法と本土決戦』幻戯書房(岡和田晃)
スティーヴン・キング『心霊電流 上・下』文藝春秋(樺山三英)
鴻巣友季子『謎とき『風と共に去りぬ』』新潮社(長岡亜生)
浜田幸絵『〈東京オリンピック〉の誕生』吉川弘文館(高尾将幸)
内藤湖南研究会編『内藤湖南未収録文集』発行:河合文化教育研究所/発売:河合出版(山田智)
山下恒男『フェヒナーと心理学』現代書館(岩渕輝)
北山修『新版 心の消化と排出』作品社(池田政俊)
謝心範『養生の智慧と気の思想』講談社選書メチエ(堀江朋子)
バルザック『イヴの娘』春風社(谷本道昭)
江口節『篝火の森へ』編集工房ノア(寺田操)
松岡正剛『雑品屋セイゴオ』春秋社(宿岩怜)
マーク・フィッシャー『わが人生の幽霊たち』発行:Pヴァイン/発売:日販アイ・ピー・エス(早助よう子)
ブレット・ヴェリコヴィッチ他『ドローン情報戦』原書房(小平慧)

◆連載◆
カルチャー・オンザ・ウェッジ(伊達政保)
読書絵日記(秋竜山)
シネマの吐息(睡蓮みどり)

3391号目次

3月9日発売の図書新聞(2019年3月16日、3391号)の目次をお届けいたします。

◆今週の一面◆
東日本大震災から8年
寄稿 増田幸弘氏
「棄民社会」の象徴――放射能について、福島について、正しい知識や情報をいまだもっていない

◆主な書評・レビュー◆
高橋秀太郎・森岡卓司編『一九四〇年代の〈東北〉表象』東北大学出版会(高橋秀晴)
大西良編著『貧困のなかにいる子どものソーシャルワーク』中央法規出版(金澤ますみ)
鈴木文治『障害を抱きしめて』ぷねうま舎(山田祐子)
グレゴワール・シャマユー『人体実験の哲学』明石書店(吉田一史美)
入谷秀一『バイオグラフィーの哲学』ナカニシヤ出版(牧野智和)
杉本舞『「人工知能」前夜』青土社(椋本輔)
川村亜子『たがめ・冬の川辺・蓬』作品社、川村湊『ホスピス病棟の夏』田畑書店(伊藤氏貴)
佐藤文香『そんなことよりキスだった』左右社(岡英里奈)
巴代『暗礁』草風館(澤井律之)
マット・ブラウン『科学の誤解大全』日経ナショナル ジオグラフィック社(大野秀樹)
菅直人・岳真也『脱原発党宣言』みやび出版(宗近藤生)
木村三浩『対米自立』花伝社(皆川勤)
アンジェラ・カーター『ホフマン博士の地獄の欲望装置』図書新聞(生駒夏美)
漆原智良『三月の空を見上げて』第三文明社(鈴木茂夫)
ちからまかせ映画評(谷岡雅樹)エリック・ポッペ監督『ウトヤ島、7月22日』、ポール・フェイグ監督『シンプル・フェイバー』
〈世界内戦〉下の文芸時評(岡和田晃)

◆連載◆
詩クロニクル(添田馨)
読書絵日記(秋竜山)
〈ディストピア=現実〉論(藤田直哉)

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

図書新聞


図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

Extra

プロフィール

図書新聞

Author:図書新聞

図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる