FC2ブログ

Entries

3482号目次

1月30日発売の図書新聞(2021年2月6日、3482号)の目次をお届けいたします。

◆今週の一面◆
戦争を避ける想像力を育む――漫画ほど素晴らしいドラマ表現はない
里中満智子氏インタビュー
『平和漫画コレクション1 里中満智子作品集 1~3』(すいれん舎)をめぐって

◆主な書評・レビュー◆
町田久美・絵、中川素子・文『共振』水声社(三木卓)
松岡弘之『ハンセン病療養所と自治の歴史』みすず書房(坂田勝彦)
山本崇記『住民運動と行政権力のエスノグラフィ』晃洋書房(伊藤悦子)
蒲豊彦『闘う村落』名古屋大学出版会(宮内肇)
F・スコット・フィッツジェラルド『ラスト・タイクーン』作品社(坂根隆広)
ケネス・モリス『ダフォディルの花』国書刊行会(北原尚彦)
土岐恒二『照応と総合』小鳥遊書房(越川芳明)
伊藤浩子『数千の暁と数万の宵闇と』思潮社(岸田将幸)
レイチェル・カスク『ロンドンの片隅で、一人の作家が』図書新聞(川崎明子)
上枝美典『現代認識論入門』勁草書房(山田圭一)
ギャレス・デイル『現代に生きるカール・ポランニー』大月書店(太田仁樹)
信岡朝子『快楽としての動物保護』講談社選書メチエ(三浦淳)
山田直之『芦田恵之助の教育思想』春風社(川地亜弥子)
高橋幸『フェミニズムはもういらない、と彼女は言うけれど』晃洋書房(須川亜紀子)
陣野俊史『ザ・ブルーハーツ』河出書房新社(矢野利裕)
鈴木隆『ライフワークの探究者たち』みやび出版(植田隆)
徐嘉澤『次の夜明けに』書肆侃侃房(濱田麻矢)
松下啓一+神奈川県政策形成実践研究会『定住外国人活躍政策の提案』萌書房(宗近藤生)
高橋博巳『浦上玉堂』ミネルヴァ書房(稲賀繁美)
[対談再録⑨]三島由紀夫×古林尚
同人誌時評(志村有弘)

◆連載◆
読書絵日記(秋竜山)
はたらくとは何か(凪一木)
シネマの吐息(睡蓮みどり)
映画はパラダイス(殿島三紀)

3481号目次

1月23日発売の図書新聞(2021年1月30日、3481号)の目次をお届けいたします。

◆今週の一面◆
デザイン、温故知新
居山浩二氏インタビュー (聞き手:ADK 根岸治氏・末永朗子氏)
ナオミ・ポロック編著『日本のデザイン 1945‐』(河出書房新社)をめぐって

◆その他の特集◆
『調査情報』休刊(TBSテレビ)をめぐって
鼎談 今野勉×金平茂紀×市川哲夫

◆主な書評・レビュー◆
ヴィルジニー・デパント『キングコング・セオリー』柏書房(トミヤマユキコ)
岸本佐知子『死ぬまでに行きたい海』スイッチ・パブリッシング(滝野沢友理)
畑一成『ゲーテ ポイエーシス的自然学の想像力』学芸みらい社(久山雄甫)
近藤和敬『ドゥルーズとガタリの『哲学とは何か』を精読する』講談社選書メチエ(小倉拓也)
重田園江『フーコーの風向き』青土社(北垣徹)
山縣大樹『帝国陸海軍の戦後史』九州大学出版会(加藤聖文)
池田光穂『暴力の政治民族誌』大阪大学出版会(吉田栄人)
根川幸男『移民がつくった街 サンパウロ東洋街』東京大学出版会(佐々木剛二)
木村俊道『想像と歴史のポリティックス』風行社(梅田百合香)
立花知彦『普勸坐禪儀提唱』唯学書房(兼子正勝)
高貝弘也『紙背の子』思潮社(田野倉康一)
日和聡子『この世にて』青土社(奥間埜乃)
堀切実『芭蕉を受け継ぐ現代俳人たち』ぺりかん社(神田ひろみ)
安藤宏他編著『太宰治 単行本にたどる検閲の影』秀明大学出版会(滝口明祥)
朱宇正『小津映画の日常』名古屋大学出版会(正清健介)
入矢玲子『プロ司書の検索術』日外アソシエーツ(川崎安子)
ステファヌ・ルルー『シネアスト宮崎駿』みすず書房(小池隆太)
[対談再録⑧]三島由紀夫×古林尚
ポケットブック

◆連載◆
思考の隅景(稲賀繁美)
本が好き!
読書絵日記(秋竜山)
はたらくとは何か(凪一木)

3480号目次

1月16日発売の図書新聞(2021年1月23日、3480号)の目次をお届けいたします。

◆今週の一面◆
「事典」を超えるために――旅するように、街歩きするように頁を移動していく
鼎談 石田勇治×柳原伸洋×宮崎麻子
『ドイツ文化事典』(丸善出版)をめぐって

◆その他の特集◆
トークイベント採録 『リリカル・クライ』(論創社)をめぐって
鼎談 林浩平×吉増剛造×小池昌代

◆主な書評・レビュー◆
中尾太一『詩篇 パパパ・ロビンソン』思潮社(野村喜和夫)
宮﨑裕助『ジャック・デリダ』岩波書店(長坂真澄)
ダニエル・C・デネット『自由の余地』名古屋大学出版会(植原亮)
篠原雅武『「人間以後」の哲学』講談社選書メチエ(飯盛元章)
高山宏『アリスに驚け』青土社(巽孝之)
スティーブン・グリーンブラット『暴君』岩波新書(水谷八也)
ノエル・カワード『スイートルーム組曲』而立書房(桑原文子)
髙尾直知『〈嘆き〉はホーソーンによく似合う』中央大学出版部(中西佳世子)
宮川徹志『佐藤栄作 最後の密使』吉田書店(神田豊隆)
那須耕介『法の支配と遵法責務』勁草書房(郭舜)
齋藤早苗『男性育休の困難』青弓社(巽真理子)
片雪蘭『不確実な世界に生きる難民』大阪大学出版会(山本達也)
金栄敏『韓国近代小説史』東京大学出版会(和田とも美)
蒲豊彦『戦場を発見した作家たち』新典社(中山弘明)
川口祐二『島へ、浦へ、磯辺へ』ドメス出版(皆川勤)
ジョゼ・エドゥアルド・アグアルーザ『忘却についての一般論』白水社(岡嵜郁奈)
[対談再録⑦]三島由紀夫×古林尚

◆連載◆
娯楽トンボの眼(小嵐九八郎)
カルチャー・オンザ・ウェッジ(伊達政保)
読書絵日記(秋竜山)
はたらくとは何か(凪一木)

3479号目次

1月9日発売の図書新聞(2021年1月16日、3479号)の目次をお届けいたします。

◆今週の一面◆
現在形でありつづける――フィクションでしか表現できないものとはなにか
対談 岩川ありさ×内藤千珠子
紅野謙介・内藤千珠子・成田龍一編『〈戦後文学〉の現在形』(平凡社)をめぐって

◆主な書評・レビュー◆
永吉雅夫『「戦時昭和」の作家たち』青弓社(中山弘明)
ヴィンフリート・メニングハウス『ダーウィン以後の美学』法政大学出版局(田中均)
ジャン=ジャック・ルソー『ルソーの戦争/平和論』勁草書房(折方のぞみ)
グレアム・ハーマン『思弁的実在論入門』人文書院(岩内章太郎)
太田靖久『ののの』書肆汽水域(乗代雄介)
堤邦彦『日本幽霊画紀行』三弥井書店(近藤瑞木)
田野勲『青山二郎』ミネルヴァ書房(挾本佳代)
藤居岳人『懐徳堂儒学の研究』大阪大学出版会(竹田健二)
ジョン・ハッティ他『教育効果を可視化する学習科学』北大路書房(熊井将太)
櫻井康人『十字軍国家の研究』名古屋大学出版会(矢内義顕)
マイケル・トマセロ『道徳の自然誌』勁草書房(平田仁胤)
坪井秀人『二十世紀日本語詩を思い出す』思潮社(宗近真一郎)
堀あきこ・守如子編『BLの教科書』有斐閣(久保南海子)
『アメリカ人の物語 第Ⅰ期』(悠書館)完結に寄せて(西川秀和)
和気一作『放射線を浴びたX年後』創風社出版(村木哲)
梨木香歩『ほんとうのリーダーのみつけかた』岩波書店(野上暁)
〈世界内戦〉下の文芸時評(岡和田晃)
[対談再録⑥]三島由紀夫×古林尚

◆連載◆
詩クロニクル(添田馨)
読書絵日記(秋竜山)
思考の隅景(稲賀繁美)
はたらくとは何か(凪一木)
ふらんす時評(福島亮)
科学時評(粥川準二)
音の方へ(相馬巧)

3478号目次

1月4日発売の図書新聞(2021年1月9日、3478号)の目次をお届けいたします。

◆今週の一面◆
デイヴィッド・ランシマン著『民主主義の壊れ方――クーデタ・大惨事・テクノロジー』(白水社)を読む
「中年危機」と社会的分断の緊急事態――感染拡大というクーデタの中で民主主義は不運な事態を遠ざけることができるか
岩崎正洋

◆主な書評・レビュー◆
チャールズ・テイラー『世俗の時代 上・下』名古屋大学出版会(田中智彦)
平藤喜久子編『ファシズムと聖なるもの/古代的なるもの』北海道大学出版会(石田圭子)
カルロ・ギンズブルグ『それでも。マキァヴェッリ、パスカル』みすず書房(鹿子生浩輝)
マイク・デイヴィス『マルクス 古き神々と新しき謎』明石書店(浅川雅己)
メアリ・ウルストンクラフト『人間の権利の擁護/娘達の教育について』京都大学学術出版会(大橋稔)
澤田哲生『幼年期の現象学』人文書院(川崎唯史)
小泉友則『子どもの性欲の近代』松籟社(元森絵里子)
荒井裕樹『車椅子の横に立つ人』青土社(竹端寛)
C・M・ライゲルース他編『学習者中心の教育を実現するインストラクショナルデザイン理論とモデル』北大路書房(松田岳士)
南島和久『政策評価の行政学』晃洋書房(佐藤徹)
ジョゼ・ジョンストン他『フーディー』青弓社(森田次朗)
鈴木貴之編著『実験哲学入門』勁草書房(蝶名林亮)
服部健二『自然史の思想と実践的直観』こぶし書房(竹花洋佑)
室田保夫『山室軍平』ミネルヴァ書房(細井勇)
ゼロカルカーレ『コバニ・コーリング』花伝社(土肥秀行)
ローラン・ビネ『言語の七番目の機能』東京創元社(三ツ堀広一郎)
永田靖編『漂流の演劇』大阪大学出版会(山﨑健太)
ソーントン不破直子『鎌倉山奇譚 水琴窟の館』春風社(梶葉子)
2020年現代美術回顧(福住廉)
追悼 池田龍雄(宮田徹也)
[対談再録⑤]三島由紀夫×古林尚

◆連載◆
娯楽トンボの眼(小嵐九八郎)
裏百年まち(杉本真維子)
読書絵日記(秋竜山)
はたらくとは何か(凪一木)

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

図書新聞


図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

Extra

プロフィール

図書新聞

Author:図書新聞

図書新聞編集部です

今後とも弊紙をどうぞよろしくお願いいたします!

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる